2019年05月11日

暑い時のメガネのお手入れ

 今日も朝からいいお天気です。
外の日向は暑いくらいですが、店内に
いると足元が寒かったりするので
服装などが難しいです・・・

 気温が高くなると、たまにあるのが
草取りなど屋外で活動していると、
フレームやレンズを傷めてしまうということです。

フレームでいうと、肌に当たる部分(こめかみ辺り)が
金属が汗で劣化し、表面のメッキが剥がれてしまったり
という事があります。

そのままにしておくと、メッキが剥がれたところが
さらに劣化し、緑錆が出てきてしまいます。
最悪なのが、錆と汗が反応し、アレルギーを
起こし、肌が荒れてしまうという事も・・・。

レンズでは、下を向いて作業をしていると、
汗を多くかく方は、汗がレンズの裏側にたまって
しまうことがあります。
作業が終わってからも、レンズについた汗を
洗い流さず、そのままにしておくと
汗の成分でレンズのコーティングが剥がれてしまい、
キズがついたようになり、見えづらくなるという
事もあります。

特に、レンズはキズがついたりコーティングが
傷んでしまうと、直す事ができません。

 作業が終わったら、メガネを丸ごと水で
洗い、汗や汚れを洗い流してください。

IMG_2544.JPG

 いつも使っているメガネを使わず、
古いメガネを作業用(庭仕事用)として
決めておくのも一つの方法かもしれません。

 毎回のお手入れ、ちょっと面倒ですが
お気に入りのメガネを長く使っていただけます。
特に暑くなってくるこれからは、ご注意ください。
posted by あやこ at 14:26| Comment(0) | メガネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: